アキレス腱炎で、石灰が貯まることはありますか?

アキレス腱炎で、石灰が貯まることはありますか?

アキレス腱炎で、石灰が貯まることはありますか?

 

アキレス腱炎の症状が進行すると、
石灰が貯まることがありますよ。

 

石灰沈着性の怪我、
石灰沈着性アキレス腱炎、
という名称になると思います。

 

石灰というのは、
カルシウムのことです。

 

血液中や細胞の周りに存在する、
カルシウムやその他の成分が、
筋肉や腱に突き刺さる状態です。

 

 

とげのような形になったものが、
そのまま細胞に刺さってしまいます。

 

ナイフで刺されたような状態になりますから、
アキレス腱にとてつもないダメージが入ります。

 

何もしなくても痛くなることもあるし、
ホンの少し動かしただけで激痛になります。

 

石灰沈着性アキレス腱炎は、
とても改善しにくい症状です。

 

 

治療院や接骨院では回復不可能で、
必ず整形外科を受診してください。

 

最近では、石灰そのものを溶かすような
注射が出ていますので、それを利用すると思います。

 

本来は肩の関節に発生しやすいものですが、
全身どこの部位にも発生する可能性はあるので、
アキレス腱にも石灰沈着することはありますよ。

 

シップやマッサージなどでは、
絶対の治らないのでご注意ください。

 

またストレッチを行ったりすると、
ストレッチによって筋肉が引き伸ばされ、
そこに石灰が刺さる可能性もあります。

 

ナイフに刺されたような状態になるので、
十分に気をつけていただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ