アキレス腱炎で、内視鏡手術を行うことはありますか?

アキレス腱炎で、内視鏡手術を行うことはありますか?

アキレス腱炎で、内視鏡手術を行うことはありますか?

 

アキレス腱炎で手術を行うことはあります。

 

ただし、内視鏡手術は、
関節や内臓に使用するもので、
アキレス腱には使用しないですね。

 

負担のかかりにくい手術方法で、
いろいろな分野で使用されます。

 

ですが、アキレス腱には使用されません。

 

 

アキレス腱周辺の
足首の関節に異常が出た場合、
内視鏡手術が選択されることもあります。

 

足首の関節内部がボロボロになって、
変形性関節症になってしまいます。

 

この場合には、内視鏡手術が選択されます。

 

 

アキレス腱を手術する場合には、
一般的なメスを使用した手術ですね。

 

アキレス腱断裂の場合にも、
一般的な手術が行われます。

 

アキレス腱断裂であっても、
アキレス腱炎であっても、
手術は必要になる事があります。

 

 

どちらも保存療法といって、
一般的な治療で回復することは可能です。

 

アキレス腱が断裂していても、
ギプスで固定してしまえば、
アキレス腱自体はくっつきます。

 

でも、再発率が高まってしまうので、
もし可能なようであれば、
手術は行ったほうが良いと思います。

 

治療期間が長くなってしまいますが、
手術は必要になると思いますよ。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ