アキレス腱炎のとき、お酒・アルコールは飲んでもいいですか?

アキレス腱炎のとき、お酒・アルコールは飲んでもいいですか?

アキレス腱炎のとき、お酒・アルコールは飲んでもいいですか?

 

アキレス腱炎の症状が出ている時、
お酒やアルコールは避けてくださいね。

 

お酒を飲み過ぎることによって、
痛みを感じる成分が体内に残り、
痛みが増加してしまいます。

 

何もしていないのに痛みが出続ける、
とても嫌な症状が出てきます。

 

 

二日酔いによって
体がだるくなった経験はありますか??

 

体がだるくなる、
筋肉や関節が痛くなる、
こうした症状は痛みの成分が関係しています。

 

お酒を飲み過ぎることで、
全身の症状が出てきます。

 

 

もともとアキレス腱炎が存在していた方は、
お酒を飲み過ぎてしまうことで、
とてつもなく強い症状に移行することもあります。

 

かなり回復してきていたのに、
お酒を飲み過ぎて
一気に痛みが戻ってしまった患者さんもいます。

 

それくらい反動が起こる成分というか、
痛みを引き起こしやすい成分です。

 

関節痛の原因にもなりますから、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

 

痛みの成分が頭に刺されば、頭痛、
筋肉に刺されば、筋肉痛
関節に刺されば、関節痛を起こします。

 

全身の痛みに関わりますので、
飲み過ぎにはご注意してくださいね。

 

本当に逆戻りする可能性もあるので。
飲み過ぎに注意してください。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ