アキレス腱炎は、どれくらい安静期間が必要ですか?

アキレス腱炎は、どれくらい安静期間が必要ですか?

アキレス腱炎は、どれくらい安静期間が必要ですか?

 

アキレス腱炎は、
2週間程度安静期間があるといいですね。

 

スポーツ選手によっては、
休むことができない場合も多いので、
その場合は、テーピングを行うこともあります。

 

あまり安静にする必要はないと思いますが、
激痛になってしまっている患者さんは、
2週間ほど休むと良いと思います。

 

 

安静にすることも重要となりますが、
それ以上に、本当の原因を見つけることが必要です。

 

 

靴のサイズは大丈夫なものか、
靴紐を締め付け過ぎていないか、
アキレス腱以外の部分に異常は出ていないか。

 

様々な部分に原因が潜んでいて、
症状の回復に重要になります。

 

ただ単に安静にしているよりも、
こうした「原因の把握」を
今一度行って頂きたいと思います。

 

ライフスタイルを振り返るのは、
患者さんにしか行えません。

 

 

プロスポーツ選手に専属のトレーナーであれば、
その選手がどのような生活をしていて、
どのような動きを行なっているか理解できます。

 

でも、そのためには年収数千万円の契約だったり、
宿泊施設等の提供も必要になります。

 

 

もし治療を正確に行いたい場合には、
「何が原因なのか?」を
ライフスタイルの中から見つけてみてください。

 

色々なものが考えられるので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

ちょっとしたきっかけが、
大きな原因になっている事も多いです。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ