アキレス腱炎は、スキーで発生しますか?

アキレス腱炎は、スキーで発生しますか?

アキレス腱炎は、スキーで発生しますか?

 

アキレス腱炎は、
スキーで発生しやすいですよ。

 

スキーやスノーボードでは、
ふくらはぎ部分に負担が入りますので、
かなりの確率で発生しやすくなります。

 

ぐいっと押さえつけられるので、
自然にアキレス腱に負担が入ってしまい、
強い症状になりやすいです。

 

 

患者さんでもスキーやスノーボードで
アキレス腱炎になってしまう方が多いです。

 

このタイプの患者さんに対しては、
腰回りの治療が必要になります。

 

バランスポーツの方は、
腰や股関節を中心に
バランスが保たれています。

 

腰回りの筋肉に負担が入ってしまい、
そこから下半身に負担が入っていき、
アキレス腱炎が発生することが多いです。

 

いきなりアキレス腱炎が発生するよりも、
腰痛などの症状が下がってくることが多いです。

 

 

ふくらはぎを治療することも重要ですが、
腰の治療を行うことも重要になります。

 

さらに、太ももの前側・外側の筋肉にも
かなりの負担が入っていますから、
そこを治療することも必要になります。

 

想像以上に負担が入ってしまうスポーツなので、
しっかりと改善していく必要があります。

 

気をつけなければ再発し続けるので、
十分にご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ