アキレス腱炎は、バドミントンで発生しますか?

アキレス腱炎は、バドミントンで発生しますか?

アキレス腱炎は、バドミントンで発生しますか?

 

アキレス腱炎は、
バドミントンで発生しますよ。

 

バドミントンは、低い姿勢で
シャトルと取ることが多いと思いますが、
あの動きがアキレス腱に負担を与えます。

 

正確には、先に太腿の筋肉に負担が加わり、
太ももが限界を超えてしまった時に、
アキレス腱に負担が入り初めます。

 

 

あの瞬発的な動きは、
太ももの筋肉がメインで行なっています。

 

太腿の筋肉がパンパンになって、
それをケアしていかなければ、
どんどん症状が発生します。

 

 

太ももに肉離れが起こることもあるし、
シンスプリントというスネの痛みも出るし、
アキレス腱炎が発生することもあります。

 

原因と症状が分離している、
とても分かりやすいスポーツです。

 

 

また、腕を振る筋肉も重要で、
腕を振る筋肉は腰からスタートしています。

 

シャトルを打ち込むたびに、
腰の筋肉に負担が入っていき、
腰から太ももにダメージが移行します。

 

こうして、さらに太腿の筋肉に負担が入り、
下半身へ症状が移行していきます。

 

 

全身を改善する必要がある
代表的スポーツだと思うので、
全身の治療することをオススメいたします。

 

局所的にアキレス腱の治療を行なっても、
症状は何度も再発すると思います。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ