アキレス腱炎は、ボクシングで発生しますか?

アキレス腱炎は、ボクシングで発生しますか?

アキレス腱炎は、ボクシングで発生しますか?

 

ボクシングなどの格闘技によって、
アキレス腱炎が発生することがあります。

 

特にボクシングは、
ロードワークが長いと思うので、
ここでアキレス腱に負担が入りやすいです。

 

 

さらに注意しなければならないのが、
回転性の動きが足に起こることです。

 

ボクシングをやっている方なら
お分かり頂けると思いますが、
パンチは足で打ちますよね。

 

足の拇指球部分で回転させて、
そのパワーを拳に伝えていると思います。

 

この回転させる動きが、
アキレス腱に負担を与えるんですね。

 

 

アキレス腱炎は、
細かいダメージが蓄積することで発生する、
ダメージ蓄積型の怪我です。

 

パンチを何度も打ち込む事によって、
ダメージが足首周辺に入ってしまい、
強いダメージに移行します。

 

足首の関節が痛くなる方もいますし、
アキレス腱炎が単独で発生する方もいます。

 

 

ボクシングを行なっている方は、
足首周辺・ふくらはぎの治療を行う必要があります。

 

同時に、回転に使用している
下半身の筋肉をしっかりとケアしていって、
下半身を中心とした治療を行う必要があります。

 

強い症状が出ている方ほど、
アキレス腱以外に負担が入っています。

 

しっかりとした治療を受けることをオススメします。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ