アキレス腱炎と、更年期障害と関係ありますか?

アキレス腱炎と、更年期障害と関係ありますか?

アキレス腱炎と、更年期障害と関係ありますか?

 

アキレス腱炎と、
更年期障害は関係ありますよ。

 

更年期障害がアキレス腱炎を、
直接発生させることはありません。

 

でも、筋肉の動きが悪化して、
カラダを動かしにくくなりますから、
負担が下半身に入り痛みが出ることがあります。

 

 

ホルモンバランスが崩れてしまうのが
更年期障害です。

 

男性・女性ともに発生しますが、
どちらも筋肉に負担が入るようになり、
さまざまな弊害が発生するようになります。

 

もともとカラダを動かしやすくしていたホルモンが、
急激に量が少なくなってしまうので、
カラダにとてつもない変化が起こるようになります。

 

 

慣れてくれば問題ありませんが、
慣れるまでは負担が入りやすいです。

 

 

更年期障害によって発生する諸症状は、
症状は回復することはできても、
再発することが多いです。

 

原因が更年期障害にあるので、
そちらが回復するまで、
何度も症状が出てくることがあります。

 

決して治らないわけではなくて、
いつかは改善される様になります。

 

でも、更年期障害が残っている間は、
症状が残り続けてしまうので、
ご注意いただきたいと思います。

 

 

治療家のスキル不足、薬の不適合ではなく、
もともとも生理現象の1つですから、
覚えておいてくださいね。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ