アキレス腱炎と、産後は関係ありますか?

アキレス腱炎と、産後は関係ありますか?

アキレス腱炎と、産後は関係ありますか?

 

アキレス腱炎は、
産後に発生することがありますよ。

 

産後というのは、骨盤が広がった状態です。

 

赤ちゃんが産道を通過するために、
お母さんの骨盤はグイッと広がります。

 

骨盤が広がると、腰の筋肉や
太腿の筋肉が内側から外側へ圧迫されて、
負担が入るようになります。

 

 

筋肉は、あまりにも圧迫され続けると、
硬くなってしまう性質があります。

 

骨盤が広がることによって、
筋肉は常に圧迫されるようになるので、
ドンドン負担が入っていきます。

 

負担が入れば入るほど、
筋肉の内側から痛みを感じる物質が出てきいます。

 

これが、アキレス腱のほうに流れていけば、
アキレス腱炎が誕生してしまいます。

 

 

また、お腹の中に赤ちゃんがいるとき、
間違いなく体重は増加しますよね。

 

この体重増加によって、
下半身に負担が入りすぎてしまい、
アキレス腱炎になってしまうこともあります。

 

下半身の負担と痛みの成分がくっついて、
とてつもない症状が発生することもあります。

 

 

産後のお母さんに必要なのは、
骨盤を元通りにする行為です。

 

骨盤矯正なども良いかもしれませんが、
僕のおすすめはトコちゃんベルトです。

 

トコちゃんベルトを使うことで、
骨盤をじっくりと締めることができ、
徐々に症状を回復することができます。

 

アキレス腱炎の症状を回復させながら、
骨盤の状態を回復させる必要がありますよ。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ