アキレス腱炎で、かかとに痛みが出ますか?

アキレス腱炎で、かかとに痛みが出ますか?

アキレス腱炎で、かかとに痛みが出ますか?

 

アキレス腱炎の症状が強くなってしまうと、
カカトに強烈な痛みを引き起こすことがありますよ。

 

アキレス腱は、かかと部分にくっつきますから、
スポーツや日常生活の中でグイグイ引っ張られると、
カカトが常に引っ張られるようになります。

 

アキレス腱に負担が入ればアキレス腱炎、
アキレス腱の周りに負担が入ればアキレス腱周囲炎、
カカトに負担が入れば踵骨炎、セーバー病などと呼ばれます。

 

 

踵の骨は、ジャンプなどの衝撃で耐久力が付いているので、
もともと、あまり怪我をしにくい部分なんですね。

 

骨の中でも頑丈になっている上に、
関節の構造で負担が入りにくくなっているので、
あまり痛みを引き起こさない場所だと言われています。

 

でも、引っ張られたり、擦れたりするのには弱い骨で、
アキレス腱に引っ張られることで、かかとの痛みが同時に起こります。

 

何もしていなくても痛みが出るくらい、
かかとの痛みは厄介なものになりますよ。

 

 

基本的には、アキレス腱炎と一緒に発生しているので、
アキレス腱炎と同時にカカトを治療してくことによって、
症状は一気に回復していきます。

 

患者さんによっては、靴を締め付け過ぎた状態で履いていたり、
圧迫の強い靴下を履いていたことで負担が入っていることもあるので、
その部分を改善する必要性はありますね。

 

まったく関係のなさそうな部分なのに、
思い切りカカトに症状を出してしまうことがあります。

 

靴の形状、圧迫度合いは、カカト周辺の症状に
とても重要になってくるので、注意してくださいね。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ