アキレス腱炎で歩けない場合、どうすればよいですか?

アキレス腱炎で歩けない場合、どうすればよいですか?

アキレス腱炎で歩けない場合、どうすればよいですか?

 

アキレス腱炎で歩けない場合、
歩けない原因を探し出す必要があります。

 

 

少し難しい話になってしまうのですが、
アキレス腱炎の痛みが出ている部分に
どのような原因が関係しているかを探る必要があります。

 

靴を締め付け過ぎて痛みが出ている方、
衝撃吸収能力が低下して痛みが出ている方、
腰の痛みなどが拡散して痛みが出ている方など、

 

様々なタイプの患者さんがいらっしゃいます。

 

 

また、睡眠不足によって回復能力が落ちていたり、
何か病的なものが関係しているケースもあります。

 

いったい何が原因になっているのか、
なぜ痛みが出ていて歩けなくなっているのかを
十分にチェックする必要がありますよ。

 

 

歩けない状態でいらっしゃる患者さんも多いですが、
基本的には、その場で回復することが多いです。

 

急性症状が出ている状態ですから、
急性症状を回復させるようなアイシングだったり、
冷却装置で冷やすことで回復するケースが多いです。

 

またサポーターなどで圧迫するようにして、
症状の出方を一気に止めると楽になります。

 

 

本当に歩けない患者さんに対しては、
松葉杖を提供することがありますが、
このレベルだと手術が必要なことも多いです。

 

もしくはアキレス腱断裂になっていて、
本人はアキレス腱炎だと思い込んでいることもあります。

 

アキレス腱炎とは別の怪我になっているか、
アキレス腱炎が思い切り悪化してしまって、
症状が出ていることが多いです。

 

 

歩けない場合は、他の怪我が出ていないか、
チェックする必要がありますよ。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ