アキレス腱炎と足裏・土踏まずの痛みは関係ありますか?

アキレス腱炎と足裏・土踏まずの痛みは関係ありますか?

アキレス腱炎と足裏・土踏まずの痛みは関係ありますか?

 

アキレス腱炎の症状が広がっていくと、
足裏や土踏まずに痛みが発生することがあります。

 

足の裏側には神経が存在していて、
神経に刺激が加わることで
痛みが出るケースが多いです。

 

同時に、アキレス腱炎になっているということは、
アキレス腱をコントロールするふくらはぎに負担が入ります。

 

ふくらはぎに負担が入った状態で動いていると、
気づかないうちに不自然な歩き方になってしまい、
足の裏側の筋肉に負担を加える事があります。

 

足底筋膜炎と呼ばれる怪我で、
とても多くの方が痛めている怪我です。

 

 

神経痛によるものも、
足底筋膜炎によるものも、
どちらも発生するケースが有ります。

 

アキレス腱炎は、症状を拡散しやすい怪我なので、
いろいろな怪我が同時多発的に発生することがあります。

 

この場合、足の裏側だけ、アキレス腱だけを治療しても、
ほとんど症状が回復することはありません。

 

足の裏側&アキレス腱を治療するだけでなく、
それに関わる腰や太腿の筋肉だったり、
背骨の治療を行うことも必要になります。

 

 

一般的な患者さんは、
足裏に痛みを出すことはありません。

 

症状がある程度拡散した患者さんが、
足裏を痛めているケースが多いです。

 

アキレス腱炎の症状そのものが
強く出ているケースが多いですから、
しっかりと治療を行う必要がありますよ。

 

放置しておくとアキレス腱断裂が発生したり、
下半身の神経麻痺が発生することもあるので、
慢性化している方は注意が必要になりますよ。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ