アキレス腱炎のとき、ウォーキングしても良いですか?

アキレス腱炎のとき、ウォーキングしても良いですか?

アキレス腱炎のとき、ウォーキングしても良いですか?

 

僕は、アキレス腱炎の患者さんに対して、
ウォーキングはあまり薦めていません。

 

痛みが完全に消えてしまって、
予防を兼ねたリハビリを行っているなら、
ウォーキングはとても有効に働くと思います。

 

血行改善にも繋がりますし、
徐々に筋肉も柔らかくなっていくので、
予防の観点からは適した運動になります。

 

 

でも、アキレス腱炎の症状を回復させたいとき、
痛みが強く出ている段階では、やらないほうが良いです。

 

ウォーキングでアキレス腱炎が発生した、
ウォーキングが原因でアキレス腱炎になった患者さんは、
数えきれないくらいいらっしゃいます。

 

ウォーキングは、やり方を間違えたり、
時間を間違えてしまうと、
カラダにとって逆効果になります。

 

特に長時間、歩き続けるような方は、
膝に直接負担が入ってしまって、
変形性膝関節症などの症状が出やすくなります。

 

 

膝に負担が入ってしまうということは、
膝より下の関節にも負担が入る可能性はあります。

 

ウォーキングを行うときは、
ふくらはぎにも大きな負担が入りますから、
間違いなくアキレス腱にも負担が入るようになります。

 

歩くたびにアキレス腱に衝撃に入りますので、
自然にアキレス腱炎が発生するようになりますよ。

 

 

痛みの回復には適していませんが、
予防には適したエクササイズです。

 

いきなりウォーキングを始めるのではなくて、
まずはストレッチなどで準備を始めてから、
症状の回復を図るようにしてください。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ