アキレス腱炎と靴・シューズは関係ありますか?

アキレス腱炎と靴・シューズは関係ありますか?

アキレス腱炎と靴・シューズは関係ありますか?

 

アキレス腱炎になった場合、
靴を変化させることが重要になります。

 

そもそも、靴があっていないから、
アキレス腱炎が発生してしまうことがあるんですね。

 

靴が重たすぎてしまったり、
カラダに合わないシューズを使っていると、
アキレス腱炎が発生することがありますよ。

 

機能性のシューズであったとしても、
使っているうちにクッション性が低くなっていき、
知らないうちに痛みが出てくるようになります。

 

クッション性が知らないうちに低くなり、
自然に負担が入ってしまうようになります。

 

 

靴紐を締め付け過ぎてしまったり、
新しいシューズを履くようになったりすると、
アキレス腱炎が出てくるようになりますよ。

 

 

あと気をつけなければならないのが、
靴の内側で足が動いてしまうことです。

 

表現が難しくなってしまうのですが、
靴の中で足が動いてしまうような状況だと、
自然に負担が入ってしまうようになります。

 

ねんざの原因にも繋がりますし、
アキレス腱炎の悪化も出てくるようになります。

 

足首をピッタリと固定するようにして、
アキレス腱全体を固定できるようなシューズでないと、
負担が大きくなってしまいます。

 

 

また、バスケット選手であれば、
ロータイプのもの、ハイカットのもので、
症状が大きく変化するようになります。

 

患者さんによってどちらが適しているかは変わるので、
ローカット・ミドルカット・ハイカットなど、
複数種類を履いてみると良いと思います。

 

靴を変化させただけで、
症状が一気に回復することもあるので、
ぜひ靴には注目して頂きたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ