アキレス腱炎と高脂血症は関係ありますか?

アキレス腱炎と高脂血症は関係ありますか?

アキレス腱炎と高脂血症は関係ありますか?

 

高脂血症がアキレス腱炎を発生させることはありませんが、
高脂血症になっている時点で、回復能力は
若干遅い可能性がありますね。

 

血流不足になるというか、
健康な状態の血液とは異なりますから、
修復成分が届くのが遅くなる可能性があります。

 

痛みや怪我を修復するための成分は、
血液が運んできますから、
高脂血症になることで遅くなる可能性がありますよ。

 

 

アキレス腱炎が発生している部分には、
もともと血管の数は少ないです。

 

血管の数が少ないということは、
血液が流れてくる量もあまり多くありません。

 

血流が少ないはずの部分なのに、
さらにドロドロ血液によって血流が悪化していると、
症状が回復しにくくなる可能性はありますよ。

 

血行不良の代表格の病気といえば、
糖尿病が医療業界では有名です。

 

一般の方はご存じないかもしれませんが、
糖尿病になってしまうと全身の血行不良になり、
様々な怪我や病気が回復しにくくなります。

 

 

また、高脂血症になっている場合、
病的なもの・極端な食生活でない限り、
生活習慣病傾向に傾いている可能性があります。

 

運動不足になっている可能性があり、
アキレス腱が硬くなっている可能性もあります。

 

運動不足によってアキレス腱が硬くなり、
普通に動かしているだけで負担が入ってしまって、
アキレス腱炎が出てくる可能性がありますよ。

 

アキレス腱炎の症状回復は、
様々な部分が関わっていますから、
十分にご注意頂ければと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ