アキレス腱炎と骨盤は関係ありますか?

アキレス腱炎と骨盤は関係ありますか?

アキレス腱炎と骨盤は関係ありますか?

 

アキレス腱炎が発生した場合、
骨盤に歪みが出ている可能性があります。

 

骨盤の歪みが出てしまっている場合、
強い症状が出てくることがありますよ。

 

 

アキレス腱炎が発生してしまうと、
下半身を中心とした筋肉が硬くなり、
自然にパンパンになってしまうようになります。

 

下半身の筋肉の中でも、
太腿の筋肉に負担が入ると、
骨盤が引っ張られるようになります。

 

太ももの筋肉は骨盤からスタートして、
膝に最終的にくっついています。

 

太ももの筋肉に負担が入ってしまうほど、
骨盤がグイグイ引っ張られるようになり、
骨盤に歪みが発生します。

 

 

骨盤の歪みが発生すれば、
歩き方や立ち方が大きく変化して、
何を行なっても不自然な動きになります。

 

アキレス腱炎が骨盤の歪みを引き起こし、
骨盤の歪みがアキレス腱炎を引き起こすという、
最悪のスパイラルに突入します。

 

 

この場合、骨盤の歪みを改善することも重要ですし、
太ももの症状を回復させる事も重要です。

 

当然、アキレス腱炎を改善させなければ、
いつまでも太ももの症状が出てくるので、
アキレス腱炎そのものを改善する必要もあります。

 

下半身全体を回復させること、
腰から下全体を回復させることが、
アキレス腱炎回復の大きなポイントになります。

 

骨盤の歪みだけを改善しても、
あまりアキレス腱炎の症状は回復しませんが、
治療を合体させると回復しやすいですよ。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ