アキレス腱炎とサッカーは関係ありますか?

アキレス腱炎とサッカーは関係ありますか?

アキレス腱炎とサッカーは関係ありますか?

 

サッカーを行なっている方の中に、
アキレス腱炎になっている患者さんが多いです。

 

サッカーを行なっている方は、
太腿の筋肉が発達していますが、
その重量感がアキレス腱に負担を与えやすいです。

 

 

一般の方は筋肉があればあるほど、
怪我をしにくいと勘違いされているようですが、
実際には、筋肉があるほど怪我はしやすいです。

 

太腿の筋肉は、ダッシュを行なったり、
ドリブルで別の方向へ素早く移動する時に、
急激な動きの対応を行ってくれる筋肉です。

 

ダッシュを行うときに働くだけでなく、
様々な動きの中で発生する負担を
衝撃吸収してくれる筋肉です。

 

知らないうちに硬くなりやすい、
負担が入りやすい巨大な筋肉です。

 

 

太腿の筋肉が固まってしまうと、
ダッシュを行なっているうちに
負担を吸収できなくなってしまいます。

 

本来は太ももで衝撃吸収するはずなのに、
太腿の筋肉が硬くなってしまうことで、
アキレス腱に負担が入るようになりますよ。

 

筋肉が大きい患者さんほど、
太腿の筋肉が発達している患者さんほど、
気をつけないとアキレス腱炎が悪化していきます。

 

 

柔らかい筋肉であれば、
衝撃吸収能力は高まるので、
アキレス腱炎の予防につながります。

 

でも負担が入った状態になっていれば、
ただの邪魔な筋肉になってしまいます。

 

ケアを行うこと、柔らかくしておくことが、
アキレス腱炎回復の大きなポイントとなりますよ。

 

サッカーを行なっている方は、
特に注意が必要になる部分です。

 

「筋肉をつければ治る」
と思っている方も多いですが、
実際には関係ないケースがほとんどです。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ