アキレス腱炎とサイクリング・ロードバイク・自転車は関係ありますか?

アキレス腱炎とサイクリング・ロードバイク・自転車は関係ありますか?

アキレス腱炎とサイクリング・ロードバイク・自転車は関係ありますか?

 

アキレス腱になってしまった場合、
自転車で長時間サイクリングを行うことは、
やめておいたほうが良いと思います。

 

 

自転車に乗ることは、
アキレス腱に負担をかけにくそうですが、
実際には、負担がかかるスポーツなんですね。

 

ペダルを踏み込む瞬間に、
ふくらはぎの筋肉をグイッと使うので、
繰り返しているうちにアキレス腱炎が出ることがあります。

 

 

僕の患者さんの中で競輪選手の方がいますが、
プロの競輪選手の方でもアキレス腱炎になることがあります。

 

彼らは、かなり激しい練習を積んでいて、
筋肉もパンパンになっているので、
しっかりとケアを行っています。

 

かなりケアを行っているにも関わらず、
症状が強くなりすぎてしまって、
アキレス腱炎が出てくることがありますよ。

 

 

自転車に載っている方の特徴として、
先に膝周辺に違和感が出てきます。

 

患者さんによって異なりますが、
多いのが膝の外側に痛みが出てきて、
違和感が出てくるようになります。

 

ランナー膝という怪我があるのですが、
自転車に乗りすぎていても発生します。

 

 

ランナー膝の症状を放置していると、
ふくらはぎに負担が広がってしまって、
アキレス腱炎の症状が出てくるようになります。

 

この場合、アキレス腱だけを改善しても、
何度も再発する慢性化タイプになります。

 

 

もともと膝の部分に原因が潜んでいるので、
膝を治療しない限りアキレス腱炎が再発します。

 

自転車に乗っている方に
特徴的な発生原因の1つですから、
サイクリングされる方は注意してください。

 

サドルの高さを変化させるだけでも、
一気にアキレス腱炎が回復することもありますよ。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ