アキレス腱炎と立ち仕事は関係ありますか?

アキレス腱炎と立ち仕事は関係ありますか?

アキレス腱炎と立ち仕事は関係ありますか?

 

立ち仕事の方とアキレス腱の負担は、
あまり関係がなさそうに思えますが、
実際にはとても深い関係性があります。

 

特に、革靴やヒールなど
固めの靴を履いていらっしゃる方は、
アキレス腱炎になってしまう可能性が高くなりますよ。

 

 

足元に衝撃吸収能力の低い、
革靴を使用し続けていると、
衝撃を他の部分で吸収するようになります。

 

本来、靴が吸収してくれるはずの衝撃を、
かかとや足首、膝、太ももなどで吸収します。

 

少しの負担であれば問題ありませんが、
お仕事のように、何日も何年も
同じ行為が行われると極度の負担になります。

 

「仕事だから」と言って我慢していると、
アキレス腱炎などの障害が出てくることが多いです。

 

 

特に女性の患者さんは、
立ち仕事を行なっていると、
アキレス腱炎になりやすいですね。

 

立ち仕事だけでアキレス腱炎になることもあるし、
スポーツを同時に行うことで、
負担が加わり発生することもあります。

 

ヒールを履く方は、
ふくらはぎに負担が入りやすく、
アキレス腱を自然に伸ばしてしまいます。

 

伸びきった状態が毎日続いていると、
常に伸びた状態が普通になります。

 

このまま、一気に運動を行うと、
負担が入りすぎてしまって、
アキレス腱炎が誕生します。

 

女性のかたは筋肉量が少ないので、
アキレス腱断裂になるケースは少ないです。

 

筋肉が引っ張る力が弱い分だけ、
少し弱いレベルの怪我である
アキレス腱炎が発生することが多いです。

 

立ち仕事はかなり負担が入るので、
ご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ

 

「どうにかしたい…」と悩んでいる方に不足しがちな重要成分

 

アキレス腱炎の痛みに【最も適した】サポーターについて

 

「1ヶ月以上」悩まされている方のための【薬用】入浴剤

 

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link