アキレス腱炎とダンス・バレエは関係ありますか?

アキレス腱炎とダンス・バレエは関係ありますか?

アキレス腱炎とダンス・バレエは関係ありますか?

 

ダンスやバレエを行なっている患者さんは、
膝から下を怪我することが多いと思います。

 

プロの世界的なダンサーの方や、
インストラクター、日本中を移動する方が
患者さんとして来院されていらっしゃいます。

 

 

僕の個人的な感想ですが、
治療家になる前のイメージでは、
プロの方ほど怪我は少ないと思っていました。

 

一般のエアロビクスを行う方や、
ダンスを行う方は怪我するかもしれないけれど、
プロの方は、痛めることが少ないと思っていました。

 

ストレッチもしっかりと行っていて、
柔軟性のある身体もしていらっしゃいます。

 

それでいて、しなやかな筋肉もあり、
怪我をしにくい代表格の体つきだと
学生のときは思い込んでいました。

 

でも、実際には、怪我が多いですね。

 

 

上記に書いた通り「柔軟性のある身体」は、
アキレス腱炎の発生とは関係ありません。

 

柔軟性があったとしても、
足首や膝をひねることはあるし、
アキレス腱炎が発生することもあります。

 

柔軟性が高まれば高まるほど、
ある怪我は発生しにくくなりますが、
ある怪我は発生リスクが高まっていきます。

 

関節系の怪我や、腱に関した怪我は、
柔軟性が高い方ほど発生しやすいです。

 

 

ダンスの先生に対して、
最も治療を行うべきなのは、
足の裏側部分ですね。

 

血管がつぶれて貧血になる方がいるくらい、
ダンスの先生は足の裏側に負担が入っています。

 

足の裏側がパンパンになってしまって、
その負担をカバーするような形で、
アキレス腱炎が発生している事も多いです。

 

一般のダンサーの方も同じです。

 

ダンスは、医学的に見ると、
残念ながら体にいい動きではありません。

 

でも、しっかりと改善していけば、
痛みなく踊り続けることは可能ですから、
適切な治療を受けるようにしてくださいね。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ