原因不明のアキレス腱炎は膠原病と関係ありますか?

原因不明のアキレス腱炎は膠原病と関係ありますか?

原因不明のアキレス腱炎は膠原病と関係ありますか?

 

膠原病の患者さんの中に、
アキレス腱炎が発生することがあります。

 

アキレス腱炎の症状が直接広がるケースもありますし、
アキレス腱炎の症状をカバーするように動いていると、
自然に負担が入ることもあります。

 

僕の所では、膠原病に対する治療は
一切行うことができません。

 

というよりも専門病院でない限り、
膠原病に関する治療は行えないので、
接骨院や治療院では対象外の患者さんです。

 

 

でも、膠原病そのものは改善できなくても、
筋肉の張りなどは軽減することは可能です。

 

線維筋痛症の方などであっても、
筋肉の張りは若干でありますが
軽減することは可能です。

 

エリテマトーデスだったり、
他の膠原病の方であっても、
病気以外の部分は改善可能です。

 

 

アキレス腱炎が発生している場合でも、
血管系の病気によって出ている場合は、
治療院では回復不可能の状態です。

 

内部的な問題ですから、
手を出すことはできません。

 

 

でも膠原病がきっかけとなって、
カラダの動きが変になって発生した場合は、
筋肉由来ですから回復も可能だと思います。

 

あくまでも先生の許可を得た上で、
治療を行なっていく必要があります。

 

過去の患者さんたちも、
全員、専門医の先生の許可を得て
治療を行わせてもらいました。

 

許可がないと非常にリスキーなので、
もし治療院で治療を受ける場合には、
病院の先生に相談してくださいね。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ