アキレス腱炎とゴルフは関係ありますか?

アキレス腱炎とゴルフは関係ありますか?

アキレス腱炎とゴルフは関係ありますか?

 

ゴルフを行っている方に、
アキレス腱炎が発生することがありますよ。

 

ゴルフはスポーツとしても負担がかかりますし、
歩き続けることが多いスポーツですから、
アキレス腱炎が発生しやすいと思います。

 

クラブを回転させるときに、
股関節から下半身を軸に回転させますが、
下半身への負担が大きくなってしまいます。

 

ケアを行いながらであれば問題無いですが、
ケアせずに動かし続けていると、
下半身にどんどん負担が蓄積していきます。

 

その状態でコースを回っていると、
下半身に負担が入るようになり
アキレス腱炎が出てくる事がありますよ。

 

 

ゴルフを行っている患者さんは、
アキレス腱炎の部分を治療するだけでは足りず、
腰を治療することが重要になります。

 

腰方形筋と呼ばれる部分や、
外腹斜筋・内腹斜筋という腹筋群、
こうした筋肉に負担が入っています。

 

体幹と呼ばれる部分で、
体の中心についている筋肉ですが、
負担が大きいと下半身にダメージが入りやすいです。

 

体幹部分の治療を行わないと、
ゴルフの患者さんはアキレス腱炎は改善されません。

 

どれだけアキレス腱の治療を行っても、
体幹部分に症状が残っている場合、
アキレス腱炎は回復していかないことが多いです。

 

 

なかなか改善されない患者さんほど、
慢性化している患者さんほど、
見逃されている部分が多いです。

 

強烈な負担が入っている方ほど、
アキレス腱以外に負担が入っています。

 

なかなか治らないと感じていらっしゃる場合、
アキレス腱以外に原因がある事が多いですよ。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ