アキレス腱炎で、眠れないことはありますか?

アキレス腱炎で、眠れないことはありますか?

アキレス腱炎で、眠れないことはありますか?

 

アキレス腱炎の痛みが強すぎると、
眠れなくなってしまうことがあります。

 

特に、アキレス腱周辺には、
腰や睡眠に関わるツボがついているので、
自然に眠れなくなってしまう可能性があります。

 

 

腰のツボに刺激が加わりすぎてしまうと、
寝ている間に全身の筋肉が固くなる傾向があります。

 

腰のツボは、下痢や便秘を引き起こす
腸の働きとも関係していますから、
寝ている間に負担が加わることもあります。

 

 

睡眠のツボが刺激を受ければ、
直接的に睡眠障害になるケースもあります。

 

基本的には、首の周りと足首周辺にあって、
そこに冷えが入ることによって
睡眠障害になることがあります。

 

アキレス腱炎でもツボが刺激されてしまって、
寝ているはずなのに深く眠れない状況になります。

 

 

まったく関係ないように見える2つの部分ですが、
実際には大きな影響を及ぼしている部分です。

 

睡眠不足になってしまえば、
当然、カラダの回復力は低下するので、
結果的にアキレス腱炎の回復も遅くなります。

 

眠れないということは、
とても重篤なことだと思います。

 

 

一時的に睡眠導入剤を利用するのもありですし、
サプリメントなどを利用することも適しています。

 

でも、原因がアキレス腱炎ですから、
そちらをしっかりと改善してしまって、
本来の回復力を導き出すことをおすすめします。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ