アキレス腱炎と、朝のこわばりは関係ありますか?

アキレス腱炎と、朝のこわばりは関係ありますか?

アキレス腱炎と、朝のこわばりは関係ありますか?

 

アキレス腱炎の症状の中に、
関節周辺の朝のこわばりがあります。

 

朝、起きた瞬間に、
踏み込んだときに痛みが出る、
といった症状が出てきいます。

 

初期症状・前兆として発生する場合もあるし、
慢性化したときに発生する場合もあります。

 

こわばりが出ている段階で、
すでに全身の筋肉に負担が入っていて、
症状が進行する可能性が高いのでご注意ください。

 

 

気をつけなければならないのが、
慢性関節リウマチの存在です。

 

アキレス腱炎だと思っていたら、
慢性関節リウマチだったという患者さんは、
意外と多くいらっしゃるものなんです。

 

接骨院や治療院では治療することは不可能で、
病院での治療が必要になります。

 

 

アキレス腱周辺だけではなくて、
全身の関節が痛みを起こしている場合、
慢性関節リウマチの可能性がありますよ。

 

どの年代の方でも発生しますし、
男女ともに発生するものなので、
ご注意いただきたいと思います。

 

基本的には、手のこわばりが主症状ですが、
まれに足首のこわばりも発生します。

 

しっかり改善しておかなければ、
内蔵に負担をかける可能性もあるので、
十分にご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ