アキレス腱炎と、発熱は関係ありますか?

アキレス腱炎と、発熱は関係ありますか?

アキレス腱炎と、発熱は関係ありますか?

 

アキレス腱炎の症状が悪化すると、
発熱することがありますよ。

 

発熱は、全身の症状がひどくなったときに発生するもので、
患部の症状が広がってきたときに起こりやすいです。

 

アキレス腱炎は、患部が炎症を起こしている状態なので、
その炎症が拡大することによって発生します。

 

ただし、発生は稀だと思います。

 

 

あまり多くない症状ですから、
他の病気の可能性を疑うことも重要です。

 

気をつけなければならないのが、
虫さされの存在ですね。

 

虫さされが発生することによって、
アキレス腱炎のような症状が出るのと同時に、
発熱を引き起こすことがあります。

 

とても見分けがつきにくい症状なのですが、
心あたりがある方はご注意ください。

 

 

怪我によって発生する発熱は、
一時的なものがほとんどです。

 

でも、一週間以上続くものや、
慢性的な微熱などが起こっている場合は、
アキレス腱炎とは関係ないことがほとんどです。

 

自己免疫系の疾患になっている可能性もあるし、
関節系の病気になっている可能性もあります。

 

いずれにしても、発熱が出続けている場合は、
病院・整形外科等での治療が必要になります。

 

接骨院や治療院では治療対象にならないので、
この場合は、病院を受診してくださいね。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ