アキレス腱炎は、しびれが発生しますか?

アキレス腱炎は、しびれが発生しますか?

アキレス腱炎は、しびれが発生しますか?

 

アキレス腱炎の症状の1つに、
しびれが存在しています。

 

アキレス腱そのものがしびれるケース、
足裏にしびれが発生するケース、
そして、坐骨神経痛が発生するケースです。

 

 

アキレス腱そのものにも神経が通っているので、
炎症が拡大すると神経が圧迫されて、
アキレス腱周辺にしびれが起こることがあります。

 

足裏に向かっていく神経も、
アキレス腱を通過していくものと同じなので、
同時に足裏にしびれが起こることがあります。

 

 

あまり知られていないのは、
三番目の坐骨神経痛です。

 

アキレス腱炎が発生している段階で、
アキレス腱周辺の様々な組織に負担が入っています。

 

アキレス腱が硬くなるだけでなく、
ふくらはぎや太ももの筋肉など、
大きな筋肉も硬くなっていきます。

 

すると、お尻や太ももの下を通過している
太い神経=坐骨神経が圧迫されて、
坐骨神経痛の症状が出てくることがあります。

 

 

坐骨神経痛で来院される患者さんの中に、
実際にはアキレス腱炎が原因となっている方もいます。

 

足全体にしびれが発生することもあるので、
しっかりと回復させる必要があります。

 

原因とは関係のない部分に
症状が発生することは多いので、
ご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ