アキレス腱炎は、筋肉痛と関係ありますか?

アキレス腱炎は、筋肉痛と関係ありますか?

アキレス腱炎は、筋肉痛と関係ありますか?

 

アキレス腱炎は、
筋肉痛ではありません。

 

筋肉痛は、筋肉に負担が入ったもの、
アキレス腱は、アキレス腱に負担が入ったもので、
まったく別の症状ですから、違うものになります。

 

ただし、筋肉痛が原因となって、
アキレス腱炎が発生する事はあります。

 

 

筋肉痛になってしまうと、
カラダを動かしにくくなると思います。

 

その状態で動かし続けていると、
カラダの他の部分に負担が入って、
ダメージが別の箇所に蓄積してきます。

 

どんどんダメージが蓄積してしまうと、
気づかないうちに痛みが出てきてしまい、
強い症状に移行することもあります。

 

ダメージの負担が、足首周辺に入れば、
アキレス腱炎の原因となることも考えられます。

 

 

筋肉痛は、筋肉にダメージが入っている場合、
筋肉の周辺の組織にダメージが入っている場合の
二種類が存在しています。

 

特に後者の場合は、
痛みを引き起こす成分が筋肉にくっつき、
強い症状を引き起こすことがあります。

 

ベタベタしている成分が筋肉にくっついて、
筋肉が動かしにくい状態になっています。

 

 

このような状態では、
しっかりと水を飲むことと、、
血行を改善することが重要となります。

 

血行を改善することによって、
痛みの成分を押し流す働きが期待できます。

 

しっかりと筋肉痛を治して、
症状を回復させてくださいね。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ