アキレス腱炎と、寒さは関係ありますか?

アキレス腱炎と、寒さは関係ありますか?

アキレス腱炎と、寒さは関係ありますか?

 

アキレス腱炎は、
寒さと関係があります。

 

今この記事を書いているのは、
11月の上旬になるのですが、
急激に患者さんが増加する時期です。

 

アキレス腱炎だけでなくて、
さまざまな症状の患者さんが激増します。

 

 

寒くなることによって、
寒さから身を守ろうとして、
筋肉や腱は硬くなっていきます。

 

寒さ対策として、温度を上げるために、
筋肉を固くして体温を高くするからです。

 

 

体温は高くなるかもしれませんが、
その代償として筋肉にダメージが広がることがあり、
結果的に、アキレス腱炎になる場合があります。

 

寒さで発生するパターンですから、
温めていくことが重要になります。

 

お風呂にしっかり入るのもいいし、
患部をホッカイロなどで温めるのもいいです。

 

 

気をつけなければならないのが、
温湿布の使用です。

 

温湿布を使用しても、
患部を温めることにはつながらないので、
あまり使用しないほうが良いと思います。

 

アキレス腱周辺は、
かぶれることも多い部分なので、
なおさら温湿布は避けたほうがいいですね。

 

 

温湿布を使用するよりも、
蒸しタオルなどで直接的に温めて、
患部をしっかり回復させることをオススメします。

 

癖になりやすい怪我ですから、
十分にご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ