アキレス腱炎と、寝相の悪さは関係ありますか?

アキレス腱炎と、寝相の悪さは関係ありますか?

アキレス腱炎と、寝相の悪さは関係ありますか?

 

アキレス腱炎は、
寝相の悪さと関係があります。

 

厳密には、アキレス腱炎ではなく、
腰の痛みと関係しています。

 

寝相が悪い状態というのは、
カラダに過剰な疲れが溜まっている証拠です。

 

 

疲労物質が体内にたまるほど、
それを押し流そうと体が動き、
寝相が悪くなってしまいます。

 

腰痛が出ている状態ですと、
さらに動きが発生しますから、
寝相はどんどん悪くなります。

 

この時、筋肉を引き伸ばしてしまったり、
太ももやふくらはぎに負担が入ってしまって、
結果的に、アキレス腱炎になる場合があります。

 

 

寝相の悪さは、改善することが難しいので、
根本原因である疲れを回復させることが重要となります。

 

ストレッチを多めに行ったり、
お風呂にじっくりと浸かったりと、
しっかりとしたケアが必要になります。

 

この状態の方は、常に寝不足のようになっていて、
生活のリズムが崩れていることが多いです。

 

社会的には正常かもしれませんが、
若干、うつ病傾向になることもあります。

 

また、肌がボロボロになっている、
アトピーのような状態になっている、
という患者さんも多く見受けられます。

 

 

しっかりとカラダを回復させていれば、
寝相が悪くなることもありませんし、
負担が入ることも少なくなります。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ