アキレス腱炎は、ストレスと関係ありますか?

アキレス腱炎は、ストレスと関係ありますか?

アキレス腱炎は、ストレスと関係ありますか?

 

アキレス腱炎は、
ストレスと関係があります。

 

ストレスが発生すると、
体は一気に固くなります。

 

ストレスから身を守ろうとして、
体の中で筋肉を固くする成分が出てきて、
興奮状態になるんですね。

 

この時、慢性的にストレスが加わると、
非常に強い筋肉の負担が入るようになり、
結果的に強い症状が出てくることがあります。

 

 

ストレスが、いきなりアキレス腱炎を
引き起こす可能性は少ないですが、
もともとのアキレス腱炎を悪化させることは多いです。

 

負担が入っていた部分を、
さらに強い負担が襲うような感じです。

 

ストレスを解消することで、
症状の回復にもつながります。

 

また、ストレスが溜まっている状態というのは、
回復能力も低下していますから、
十分に気をつけていただきたいと思います。

 

 

回復力が落ちているということは、
怪我がなかなか回復しない状態です。

 

この状態で、激しい動きを行っていると、
アキレス腱が断裂する可能性もありますし、
より重篤な怪我に移行する可能性もあります。

 

骨折することもありますし、
脱臼などの激しい怪我が起こる可能性もあります。

 

ストレスのため過ぎは、
体にとって有害でしかありません。

 

ご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ