アキレス腱炎は、使い過ぎですか?続けると悪化しますか?

アキレス腱炎は、使い過ぎですか?続けると悪化しますか?

アキレス腱炎は、使い過ぎですか?続けると悪化しますか?

 

アキレス腱炎は、
使いすぎによって発生し、
使いすぎ続けていると悪化します。

 

アキレス腱は、蓄積型の慢性化しやすい怪我なので、
細かいダメージが蓄積していくタイプのものです。

 

負担には感じないような細かいダメージが、
アキレス腱に負担をかけ続けることで、
症状が爆発するような怪我です。

 

一発の大ダメージでは発生しませんが、
細かいダメージが積み重ねることで
つらい症状が発生するようになります。

 

 

気をつけなければならないのが、
使い過ぎなのは間違いありませんが、
純粋なアキレス腱の使いすぎでは無いことです。

 

アキレス腱を使いすぎているだけでなく、
アキレス腱周囲も使いすぎている状態です。

 

 

多いのが、太腿の筋肉の負担です。

 

太腿の筋肉は、走ったりジャンプするときに、
衝撃吸収の役割を果たしています。

 

正常なときには問題は発生しませんが、
あまりにも太ももを使いすぎていると、
衝撃吸収能力が低下します。

 

そのまま更に使いすぎていると、
太もものダメージが悪化するだけでなく、
ふくらはぎやアキレス腱にもダメージが蓄積します。

 

衝撃吸収できなくなることで、
アキレス腱に強烈な負担が入ります。

 

 

使いすぎだと思われている方は、
アキレス腱以外の部分も
しっかりとした治療を受けることをオススメします。

 

十分に用心して頂きたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ