アキレス腱炎と、ガングリオンは関係ありますか?

アキレス腱炎と、ガングリオンは関係ありますか?

アキレス腱炎と、ガングリオンは関係ありますか?

 

アキレス腱炎とガングリオンは関係ありますよ。

 

ガングリオンは、関節に発生する
良性腫瘍の一種でゼリーのようなものが貯まる病気です。

 

僕も、学生時代にガングリオンになりましたが、
注射器で摘出してもらいました。

 

透明と黄色の間のような、
気持ち悪い色をしたゼリーが、
関節内部から出てきたのを鮮明に覚えています。

 

 

本来ガングリオンは、手首に発生しやすく、
若い女性に多く発生するものです。

 

でも、年齢や性別関係なく、
どの方にも発生する可能性はあります。

 

手首に発生することが多いとされていますが、
足首周辺に発生することもあります。

 

 

足首にガングリオンが発生すると、
痺れの原因になったり、
歩きにくさの原因になります。

 

歩きにくい状態で歩き続けていると、
知らないうちに負担が入るようになり、
結果的に、アキレス腱炎になる場合があります。

 

引きずるように動かしていることで、
負担が入ってしまう状態になります。

 

 

ガングリオンは良性のものですから、
痛みや支障が出なければ、
特に問題無いとされています。

 

僕の場合は、手首に痛みが出たので、
外科ですぐに摘出してもらいました。

 

もし痛みやアキレス腱炎に関係していそうな場合は、
外科で治療することをオススメいたします。

 

症状の悪化につながりますので、
ご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ