アキレス腱炎と、癌は関係ありますか?

アキレス腱炎と、癌は関係ありますか?

アキレス腱炎と、癌は関係ありますか?

 

癌の症状が拡大してしまうと、
アキレス腱炎のような状態になります。

 

あくまでも最終段階のパターンですから、
一般の方は気にする必要はありません。

 

 

癌などの関連痛に関して、
テレビなどで取り上げられることが多くなり、
患者さんの中にも心配される方が増えてきました。

 

でも、筋肉などの諸症状は、
関係ないことがほとんどです。

 

特徴的な症状も確かに存在しますが、
筋肉よりも、他の部分に症状が出てきて、
先に気づくことが多いですよ。

 

 

下血など便に血が混ざってしまう状態、
咳や呼吸に明らかに異常が発生する状態、
吐き気や慢性的な微熱などが出てきてしまう事もあります。

 

 

こうした特殊な症状が先に出てくるので、
そちら側で気づくことがほとんどです。

 

心筋梗塞の前兆が左腕に発生する、
などの特徴的な物もありますが、
アキレス腱に発生するものはほとんどありません。

 

気になってしまう気持ちも分かりますが、
気にし過ぎることは問題です。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

 

 

癌以外にも様々な病気との関連性、
原因を追求したがる患者さんがいますが、
アキレス腱炎に限っては無関係のものが多いです。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ