アキレス腱炎と、痛風は関係ありますか?

アキレス腱炎と、痛風は関係ありますか?

アキレス腱炎と、痛風は関係ありますか?

 

痛風は、アキレス腱炎と関係ありますよ。

 

痛風の症状が悪化すると、
アキレス腱炎とそっくりな症状になります。

 

 

痛風は、ビールの飲み過ぎなどによって、
結晶ができてしまい関節に刺さり、
激痛を引き起こす症状です。

 

歩くのがとても困難になり、
風にあたっても痛みが出るということから、
痛風という名称が付けられています。

 

 

痛風は足の指や肘などに症状を引き起こしますが、
カカトに発生するケースもあります。

 

カカトに結晶が刺さってしまい、
激痛になることもありますし、
アキレス腱炎のような症状になることもあります。

 

とにかく強い症状が出ることが多く、
患者さんの中にも見られることが多いです。

 

 

どこの病院に行っても改善されなかった患者さんが、
僕の治療院に来院されることが多いです。

 

そんな方の症状を徹底的に調べてみると、
怪我ではなく痛風だったという例は多いです。

 

見逃されることもある病気ですから、
セカンドオピニオン、サードオピニオンを活用して、
いろいろなチェックを受けることをオススメします。

 

アキレス腱に結晶が刺さると、
靴を履くのも困難になるくらい
強い症状が出る事がありますよ。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ