アキレス腱炎は、MRIで診断できますか?

アキレス腱炎は、MRIで診断できますか?

アキレス腱炎は、MRIで診断できますか?

 

アキレス腱炎は、
MRIでチェックする事ができます。

 

MRIは画像診断の中でも、
特にアキレス腱炎に向いていると思います。

 

MRIは、人間を輪切りにした状態で
検査することができる機械ですから、
アキレス腱の内部をチェックすることができます。

 

アキレス腱の表面だけでなく、
アキレス腱の深層もチェックできます。

 

血管などのチェックも行えますし、
ぴったりの検査方法だと思います。

 

 

ただし、傷がついていないような、
変形していないような症状には、
MRIは能力を発揮する事ができません。

 

傷がついていないアキレス腱炎も
数多く存在していますから、
チェック不足になることもあります。

 

この場合、原因不明と言われることも多いので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

 

画像診断では撮影できなくても、
手で触ってみると異常があるケースは多いです。

 

画像には写っていなくても、
患部が固まっていてゴリッとなっていて、
強い症状を確認できることも多いですよ。

 

もしMRIでチェックしたにも関わらず、
痛みの原因を把握することができなかったら、
手で触ってくれる医療機関を受診してみてくださいね。

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ