アキレス腱炎の治療

カラダに適したマットレスの重要性

 

以下のような状態が続いている場合、
寝具が悪影響を引き起こしている可能性があります。

 

・朝起きたとき、毎回のように痛みやだるさが起こる。

 

・痛みのせいで、起きるのに何分も時間がかかる。

 

・何も考えずに、今使っている寝具を購入した。

 

・眠れている気がしない、目覚めが悪い。

 

・朝起きるのが、とにかく辛い。

 

・何箇所も痛みを感じる。

 

人生の3分の1程度が、
睡眠時間だと言われています。

 

睡眠に使用するマットレスが低品質だと、
カラダにとって悪影響となってしまいます。

 

人生にも大きな影響を及ぼします。

 

 

このページでは、患者さんに普段説明している
「カラダに最適なマットレスの選び方」を
まとめていこうと思います。

 

参考になさってください。

 

 

 

寝返りをしやすいマットレスを選ぶこと

 

マットレスを選ぶにあたって、
最も重要になるのが
「寝返りのうちやすさ」です。

 

寝返りをどれだけスムーズに行えるかで、
カラダへの負担は大きく変わってきます。

 

 

そもそも寝返りには、
ゴロンと転がることによって
血液やリンパ液の循環を促す働きがあります。

 

また、寝ている間に発生する
汗や熱を放散する働きもあります。

 

寝返りをしないで同じ姿勢で寝ていると、
血流が滞り筋肉が固くなったり、
汗や熱がたまって痛みを引き起こしやすくなります。

 

 

カラダに合わないものを使っていると、
寝返りが制限されるようになります。

 

朝起きたときに痛みが起きやすくなり、
慢性的に疲労感やだるさが出やすくなります。

 

眠りも浅くなってしまい、
睡眠の質も下がってしまいます。

 

 

「寝返りをしやすいこと」が、
カラダを回復させるにあたって
最も重要になるポイントです。

 

 

 

体圧分散効果が高いマットレスを使用すること

 

マットレスの上にゴロンと寝転がったとき、
カラダに加わる圧力のことを「体圧」と言います。

 

体圧がうまく分散されるマットレスほど、
カラダに負担をかけることのない
回復機能の高いマットレスだと言えます。

 

 

硬すぎるマットレスも、
柔らかすぎるマットレスも、
どちらも体圧分散はうまくいきません。

 

 

硬すぎるマットレスを使用していると、
「肩」「背中」「腰・骨盤」「膝」など、
飛び出している部分だけで支えるようになります。

 

常に緊張状態が続くようになり、
強い負担が筋肉に加わってしまい、
リラックスさせるのが難しくなります。

 

 

柔らかすぎるマットレスを使用していると、
全身がズボッとマットの中に埋もれてしまい、
体がひねられたような状態になります。

 

背骨や骨盤に負担が加わり、
痛みやしびれを引き起こしやすい状態になります。

 

 

 

体圧分散効果が高いと、
以下のようなメリットがあります。

 

 

・カラダ全体を「均等」に支えることができる

 

・肩からお尻を「まっすぐ」に支えることができる

 

・歪みのない理想的な睡眠姿勢をサポートできる

 

 

スムーズに起き上がりやすく、
寝ている間にしっかりリラックスでき、
体の回復機能を高めてくれるようになります。

 

体圧分散をしっかりと考えたものを、
購入するようにしてください。

 

 

 

耐久性のあるマットレスを使用すること

 

どれだけ高性能なマットレスを使ったとしても、
耐久性がなければ意味がありません。

 

耐久性が低いマットレスを使っていると、
何度も寝ている間にヘタってきてしまい、
性能がガクッと落ちてしまいます。

 

寝返りをスムーズに行えなくなったり、
体圧分散がうまくいかなくなり、
カラダにとって悪影響となります。

 

 

長い間、同じマットレスを使っている方は、
マットレスがヘタってきてしまい、
カラダに負担を与えている可能性が高いです。

 

寝具そのものの機能性も重要ですが、
耐久性もとても重要なポイントです。

 

 

 

通気性の良いマットレスを使用すること

 

僕たちは、眠っている間に
コップ一杯分の汗をかくと言われています。

 

通気性の良いマットレスを使用していれば、
そのまま汗は蒸発してしまうので
悪影響を及ぼすことはありません。

 

 

注意しなければならないのが、
通気性の悪いマットレスを使用している場合です。

 

通気性の悪いマットレスの場合、
汗がこもり温度や湿度がグンと上がり、
常に「蒸れた」状態になってしまいます。

 

 

夏の蒸れによって発生する「熱中症」が
カラダ全体にダメージを与えてしまうように、
通気性の悪いマットレスもダメージを与えやすいです。

 

特に筋肉・関節・神経といった
運動機能に関係している部分に、
影響を与えやすいと言われています。

 

 

通気性が良くて蒸れにくく、
汗の放散をスムーズに行える
マットレスを使用するようにしてください。

 

慢性的に疲労感やだるさが続いている方は、
特に注意しなければならない部分です。

 

 

 

硬さを変更できるセミオーダー式のものを使用すること

 

どれだけ高性能なものであっても、
どれだけ耐久性の高いものであっても、
効果には個人差が出てきてしまいます。

 

体格・体重は人によって異なりますから、
どうしても個人差が出てしまいます。

 

Aさんにとっては【最高の寝具】になっても、
Bさんにとっては【最低の寝具】になる可能性があります。

 

 

 

有名なマットレスなどを見ていると、
体型・体重に関係なく
「同じもの」が販売されています。

 

人によって体格が違うはずなのに、
人によって体重が違うはずなのに、
「同じもの」を使用することになります。

 

 

これを避けるためには、
体重別・体格別に細かく性能がわけられた
「セミオーダー式」のものを使用すると良いです。

 

同一規格で作られているものと比べて、
セミオーダー式のマットレスのほうが
確実に体圧分散能力が高くなります。

 

 

 

体重50キロの女性と、
体重100キロの男性。

 

体重も体格も異なる二人が、
まったく同じマットレスを使って、
果たして正しい効果が出ると思いますか?

 

どちらかには「最適」かもしれませんが、
どちらかには「最悪」になる可能性もあります。

 

 

体格や好みに応じて硬さを変更できる
セミオーダータイプものを選択するのは、
とても重要なことだと僕は思います。

 

 

 

超高級製品と同等レベルの【優良コスパ】マットレス

 

・寝返りをスムーズに行うことができる

 

・体圧分散効果が高い

 

・耐久性が高く、ヘタりにくい

 

・通気性が良く、汗を放散しやすい

 

・細かく区分けされたセミオーダータイプ

 

この5つのポイントに適合するものほど、
体にとって有益なマットレスだと言えます。

 

 

1万円前後の安い物の場合、
上記にほとんど適合していません。

 

1枚、数十万円もするような
超高級マットレスの場合、
ほとんどが上記に適合しています。

 

でも、どれだけ良いものであったとしても、
30万円〜50万円もするような
マットレスを購入するのは難しいと思います。

 

 

患者さんに寝具について聞かれることも多いので、
色々なものを自分自身で試して、
色々な違いを実感しました。

 

自腹で安いものを購入して使ってみたり、
業者さんにお願いして
高級なものを借りたこともあります。

 

5つのポイントのいずれか1つが欠けていても、
カラダに負担が入りやすいことを
この身をもって実感しました。

 

 

 

 

いろいろと試していった結果、
3万円台のもので良いものが見つかりました。

 

 

 

 

超高級マットレスの性能と同等か、
それ以上に良いと思えたものなので、
寝具の質問をされた患者さんに
紹介するようにしています。

 

3万円台というと、一瞬、高額に感じますが、
性能・耐久性・カラダへの影響を考えると
コストパフォーマンスに優れています。

 

この値段でこの品質は、
他には見たことがありません。

 

 

 

実際に購入された患者さんの評判も良く、
情報を教えただけのはずなのに
感謝されることも多いです。

 

もしカラダのためにマットレスを探していて、
30万円〜50万円を出すのは無理だけど
3万円台ならなんとかなるという方には、
以下のマットレスを【強く】オススメしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

※もし枕を探している場合は、
同じメーカーの以下のものをオススメします。

 

 

 

 

アキレス腱炎をどうにかしたい方へ